新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

萩市 須佐湾エコロジーキャンプ場

今回は、絶景を見たい!美味しいものも食べたい!快適な設備で過ごしたい!というワガママなプランを叶えてくれる「須佐湾(すさわん)エコロジーキャンプ場」の紹介をします。

須佐湾エコロジーキャンプ場は

  • ソロにも家族にもグループにもオススメ
  • 設備管理・清掃状況は完璧
  • 初心者も安心の充実したレンタル品や避難棟
  • 近場で地元の新鮮な食材の購入が可能

とキャンプにおいて欲しい要素が全て網羅されている、素晴らしい有料キャンプ場です。

サービスや景観については文句無しと言っても良い須佐湾エコロジーキャンプ場ですが、それ以外では不安要素の残るキャンプ場でもあったので、そういった部分も含めて紹介していきます。

日本海の景色を一望

須佐湾エコロジーキャンプ場 日本海を眺望
須佐湾エコロジーキャンプ場 日本海を眺望

まず第一に伝えたいポイントは景観の良さです。

場内ほぼ全てから日本海の絶景を堪能しながら過ごす事が出来ます。

最高の景色を堪能しながらゆっくりとした時間を過ごすのは、キャンプでしかできない贅沢な時間です。

ですが日本海に面したキャンプ場であり、開けた場所なので冬には突風が吹く事があります

あらかじめペグやロープでの固定箇所を増やす、不用意に軽いものをテントの外に出したままにしない等、対策を講じましょう。

四季折々の花と野鳥

須佐湾エコロジーキャンプ場 山茶花
須佐湾エコロジーキャンプ場 山茶花

場内には桜、山茶花、椿など、四季を感じる事のできる木も複数植樹されていました。

その花を求めてメジロやジョウビダキなど、少し探すのに手間がかかる野鳥がそこら中を飛んでおり、人に慣れているのか、かなり近くまで寄って来ました。

目で見て楽しい、耳で聴い楽しいという、まさに自然の中にいる至福の時間を過ごせます。

区画サイトとフリーサイトの2種類展開

須佐湾エコロジーキャンプ場には区画サイトとフリーサイトがあります。

区画サイトとフリーサイトそれぞれにメリット・デメリットがあるので、利用する人数に合わせての選択がオススメです。

どちらのサイトにも共通して言える点は下記となります。

  • 全面芝生張り
  • 車の乗り入れは不可
  • サイト以外は傾斜が多い

サイトへの車の乗り入れは不可となっていますが、無料でリアカーを借りる事ができます

ですが区画サイト、フリーサイト共に坂道を避けては通れません

リアカーの貸出しは有難いですが、坂道での荷物の運搬は危険を伴います。気をつけて運搬しましょう。

ソロ、家族にオススメの区画サイト

須佐湾エコロジーキャンプ場 区画サイト
須佐湾エコロジーキャンプ場 区画サイト

区画サイトは全16区画で、サイトによってサイズはまちまちでしたが、一番小さなサイトでも約6×4mほどはありました。

手狭に感じる事は無く、ソロキャンプは快適に、家族でも問題なく使える広さです。

更に全ての区画内に1本は木があるので、木を活用した設営をする楽しさもあります。

木も含めて、自分だけのスペースが明確にされているので、隣のキャンパーさんとの距離を気にしなくて良いのは最大のメリットです。

須佐湾エコロジーキャンプ場 リアカーと区画サイトの坂道
須佐湾エコロジーキャンプ場 リアカーと区画サイトの坂道

そんな良い点ばかりの区画サイトですが、デメリットもあります。

まず駐車場から区画サイトまでの移動距離は、50〜120メートルとそれなりの距離があります。

この距離についてはリアカーを貸し出してくれるので大きな問題ではありません。

ですが、上の箇条書きで書いたようにキャンプ場内全体として傾斜が多く、特に区画サイトの通路の傾斜は、画像のように他のキャンプ場では見た事が無いほどの急勾配です。

区画サイトを利用する時は、予め荷物の断捨離をお願いします。

グループにオススメのフリーサイト

須佐湾エコロジーキャンプ場 フリーサイト
須佐湾エコロジーキャンプ場 フリーサイト

フリーサイトは区画サイトの上段に有り、スペースを開けて設営してもテント15張りほどが可能なサイズ感です。

フリーサイトならではの広さを活かした自由な設営が魅力で、人数の多いグループキャンプではフリーサイトの利用をおすすすめします。

また駐車場からフリーサイトまでも傾斜はあるものの、区画サイトよりは緩やかになっており、移動距離も30メートル程度です。

全体を通して景観の良い須佐湾エコロジーキャンプ場ですが、フリーサイトの奥は木々に囲まれており、海を見ながらキャンプをする事は出来ません

やはり眺望が良い場所からフリーサイトの利用は埋まっていくので、利用者が増えれば木々に囲まれたエリアしか空いていない可能性があります。

更にフリーサイトの大きさも凄く広いという訳では無いので、夏場のハイシーズンであれば混雑が予想されます

隣の方との距離を気にしたり、このキャンプ場のメリットのひとつである日本海の絶景を眺める事が出来ないのは、懸念すべき点です。

フリーサイトを利用する予定であれば、予約の際に混雑状況を確認する事をおすすめします。

最高の景色を堪能できるケビン棟

須佐湾エコロジーキャンプ場 ケビン棟からの景色
須佐湾エコロジーキャンプ場 ケビン棟からの景色

フリーサイトより更に上に位置するのがケビン棟です。

利用していないので、細かい紹介はできませんが、大きな窓にベランダが設置されており、ここからの景色もまた格別です。

設備についても、テレビ・風呂・トイレ・冷暖房設備と十分すぎるほど整っています。

「アウトドアには不慣れだけど少しづつ挑戦したい!」と思っている方には是非おすすめしたい施設です。

須佐湾エコロジーキャンプ場 4人用ケビン棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 4人用ケビン棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 6人用ケビン棟1
須佐湾エコロジーキャンプ場 6人用ケビン棟1
須佐湾エコロジーキャンプ場 6人用ケビン棟2
須佐湾エコロジーキャンプ場 6人用ケビン棟2

有料キャンプ場ならではの充実した設備

須佐湾エコロジーキャンプ場 炊事棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 炊事棟

須佐湾エコロジーキャンプ場をおすすめしたい理由の一つとして、充実した設備が整っており、管理・清掃状況も完璧である点も挙げられます。

大きな設備として炊事棟、シャワー室兼トイレ棟があり、詳細は以下のようになっています。

  • 炊事棟
    • 水道16箇所
    • かまど5箇所
  • トイレ・シャワー棟(男性側のみの確認)
    • トイレ(小便器2、和式大便器2)
    • コイン式温水シャワー2箇所(100円)
    • コイン式洗濯機(200円)
    • 立水栓6箇所

女性や子供連れにも安心の清潔感

須佐湾エコロジーキャンプ場 トイレ・シャワー棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 トイレ・シャワー棟

上記で紹介した設備は、全てが綺麗に管理されているので女性もお子さんも安心して利用してください

更に上記で紹介した設備だけでなく、キャンプ場全体を見渡しても清掃は徹底されており、手がかかるであろう芝生の整備も綺麗に行われていました

山の中のキャンプ場であるにも関わらず、木の枝などは全く落ちていない事には驚きでした。

逆を言うと現地で薪拾いはできないので、予め用意するかキャンプ場で購入しましょう。

レンタル品や販売品も充実

「キャンプ用品は全く持ってないけど、キャンプをしてみたい!」という無茶なお願いにも対応出来るくらいレンタル品も充実しています。

実際に「全てレンタルで!」という人は居ないと思いますが、「初心者で道具が不足している」「必要な道具を忘れてしまった」といった場合にも即対応が取れるというだけで、安心感は段違いです。

レンタル品だけでなく、薪(1束400円)や木炭(3kg500円)の販売も行っており、初心者以外にも嬉しいポイントです。

ゴミを持ち帰る必要無し

キャンプで出たゴミは多岐(燃え残った炭・薪、空き缶、ペットボトル、生ゴミ等)に渡ります。

自宅へ持ち帰ってから処理をするのは、臭いが気になる・単純に面倒という方が大半です。

そんな中、須佐湾エコロジーキャンプ場では処理費用として50円を支払うだけで、ゴミの処分まで行ってもらえます。

トラブル時に雨風を凌げる避難棟

須佐湾エコロジーキャンプ場 避難棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 避難棟

キャンプ場のスタッフは、17時30分〜8時30分頃まで不在となります。

スタッフの方が居ない時に「突風でテントが壊れてしまった」「急な豪雨でテント、寝袋が浸水してしまった」といったトラブルは考えただけで不安です。

そんなトラブル時にも安心の避難棟があります。

棟内は雨風を凌げる完全な室内で、フローリング張りです。

スタッフの方も「何かトラブルがあれば、気軽に利用して下さい」と言っておられたので、遠慮せず利用しましょう。

トラブルは起きない事が一番ですが、起きた場合の対応方法が明確になっているだけで、安心してキャンプを楽しむ事が出来ます

県内外問わず、かなりの数のキャンプ場を訪れてきましたが、これほどしっかりとした避難棟があるキャンプ場は筆者が知る限り、このキャンプ場だけです。

リーズナブルな料金設定

須佐湾エコロジーキャンプ場 ケビン棟
須佐湾エコロジーキャンプ場 ケビン棟

ここまで沢山のメリット・デメリットを説明してきましたが、安価な利用料金もメリットのひとつです。

  • 宿泊 1050円
  • 日帰り(デイキャンプ) 520円

区画サイト、フリーサイト共に上記の料金となっており、お財布にも優しいです(2021年1月現在)。

ケビン棟もキャンプ場と同様に、宿泊利用・日帰り利用が可能です。

徒歩で行ける深まてかた海水浴場

深まてかた海水浴場

山の斜面にある須佐湾エコロジーキャンプ場ですが、山を降りると海水浴場があります。

キャンプ場の隅に海水浴場へ行くための階段があるので、お子さんがいる時はこちらも利用してみてはいかがでしょうか。

山から見る日本海も良いですが、海から見る日本海もまた格別です。

砂浜というより磯に近いです。大きな石も多くあるので、海水浴の際はサンダルを持って行きましょう。

近場で新鮮な地元食材の購入も可能

いかマルシェ スサノモノミトコ館
いかマルシェ スサノモノミトコ館

キャンプに来たらその地の食材を食べたいと思う方も多い事でしょう。

須佐湾エコロジーキャンプ場の周辺には、地元の新鮮な食材を購入出来る場所が多くあります

キヌヤ須佐店 約3km

キャンプ場から一番近い地域密着型のスーパーです。

キャンプ場に到着してから買い忘れたものがあれば、こちらの店舗をおすすめします。

いかマルシェ スサノモノミトコ館 約3.2km

山口県萩市須佐のブランドいかである「須佐男命(すさみこと)いか」が活イカの新鮮な状態で販売されている貴重な店舗です。

筆者自身もキャンプではなく、このブランドいかを目的に萩市を訪れた事があるほど美味しいです。

イカだけでなく、地元産の魚介類や野菜も扱っているので是非訪れてみて下さい。

いかマルシェ スサノモノミトコ館

道の駅ゆとりパークたまがわ 約11km

スーパーにも引けを取らない品揃えの直売所で、地元の食材を中心に肉・魚・野菜・お酒・清涼飲料水・調味料に至るまでなんでもあります。

食材を何も持ってこなくとも、ここで全て揃うといっても過言では無いほどの県内屈指の道の駅です。

道の駅 ゆとりパークたまがわ

たくさんの人にオススメしたいキャンプ場です

須佐湾エコロジーキャンプ場 ビジターセンター
須佐湾エコロジーキャンプ場 ビジターセンター

キャンプ場を利用してみて、キャンプ場スタッフの知識量はもちろん。

受付け後の場内の説明も丁寧でとても分かりやすく、気持ちよく利用する事ができました。

キャンパーがキャンプ場に何を求めているかも熟知しており、キャンプ場の至る所でそれを実感する事もでき、良いキャンプ場の見本とも言えるキャンプ場でした。

色々なキャンプ場を見てきましたが、人数、性別、目的、熟練度など、多くのニーズに応える事が出来るキャンプ場は本当に珍しいです。

特に、完全初心者から上級者の方まで満足の行く施設であると言う点もポイントが高く、自分自身も「この記事を通じて、須佐湾エコロジーキャンプ場の良さを伝えたい」という思いです。

ライターより

管理されているスタッフの方と話をさせてもらう機会があったのですが、どんな質問をしても的確に返ってくる事から熟練のスタッフさんだなと感じました。

次回はケビンを利用したいと思い、色々と質問していた際にも「良ければ中も見て行きますか?」と快く、ケビン内の見学をさせてもらえたりと柔軟な対応が素晴らしく、とても親切にしていただきました。

初めてのキャンプ等で不安な事がある場合には、受付の際にその旨を伝える事で、より一層丁寧な説明やサポートをしてくれると思うので、キャンプデビューにも安心してこちらのキャンプ場を訪れて下さい。

須佐湾エコロジーキャンプ場データ

キャンプ場タイプ平原キャンプ場 林間キャンプ場
キャンプサイト区画サイト フリーサイト ログハウス
予約必要
料金有料
休日なし
営業期間通年
トイレあり
水道あり
かまどあり
ハンモック不可

アクセス

住所山口県萩市須佐787
電話番号08387-6-2727(須佐湾エコロジーキャンプ場

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. タープ
  3. テント本体
  4. タープ
  5. タープ
  6. タープ
  7. タープ
  8. タープ
  9. テント本体
  10. タープ
  11. タープ
  12. テント本体
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥13,047
    新品最安値 :
    ¥13,038
  17. タープ
  18. タープ
  19. タープ
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. バーベキューコンロ・焚火台
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. バーベキューコンロ・焚火台
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. バーベキューコンロ・焚火台
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. テーブル
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. 折りたたみ式ベッド
  2. マット・パッド
  3. 寝袋・シュラフ
  4. 寝袋・シュラフ
  5. エアーマット・エアーベッド
  6. 寝袋・シュラフ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. マット・パッド
  9. マット・パッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 折りたたみ式ベッド
  14. ピロー(枕)
  15. マット・パッド
  16. エアーポンプ
  17. ピロー(枕)
  18. マット・パッド
  19. マット・パッド
  20. マット・パッド
  1. 電気式ランタン
  2. ポール
  3. 電気式ランタン
  4. 電気式ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 燃料式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ランタン用アクセサリー
  11. 燃料式ランタン
  12. ランタン用アクセサリー
  13. 電気式ランタン
  14. ヘッドライト
  15. ハンディライト
  16. 燃料式ランタン
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. 電気式ランタン
  20. 電気式ランタン

この記事を書いた人

当ホームページのメインライター。
ソロキャンプという言葉ができる前からひたすらにソロキャンプをしています。季節なんて関係ありません。
YouTubeにて自由気ままにキャンプをする動画を配信中。