新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

周南市 新平ヶ原公園

「山口県でキャンプをするなら、このキャンプ場を外すことは出来ない」と言っても過言ではないほど、超有名なキャンプ場である「新平ヶ原(しんべがはら)公園」を紹介します。

超有名と記載した通り、県外からの利用者もとても多く、悪い点がほとんど無い無料キャンプ場です。

新平ヶ原公園キャンプ場をざっくりと紹介すると、

  • 広大な敷地面積を誇る
  • 平原エリア・林間エリアといった選択肢も
  • 目の前を流れる島地川は大人も子供も遊べる
  • 徹底した設備管理

と書いている筆者自身が「ここって無料キャンプ場だよな?」と思ってしまうほど、何もかもがハイクオリティなキャンプ場です。

キャンプ場の管理面の良さもあり、SNS発信の山口県内のキャンプイベントにもこちらのキャンプ場が利用されるほどです。

ハイクオリティなキャンプ場ですが、注意点やデメリットもあるので、最後までしっかりと読んでいって下さい。

広大な敷地面積を誇り、サイト選びの楽しみも

新平ヶ原公園キャンプ場を紹介する上で、外せないポイントがあります。

それは、県内の無料キャンプ場の中でも1、2を争うほどの敷地面積の広さを誇り、車の乗り入れが可能なフリーサイトだということです。

広さの目安としては「40張り以上のテントに加えて車の横付けも可能」という説明で十分伝わるのではないでしょうか。

敷地面積に圧倒されますが、ポイントは広さだけではありません。

広さに加えて、サイト選びという楽しみまで用意されています。

キャンプサイトは大きく分けて、木に囲まれた林間エリアが3割、開放的な平原エリアが7割に分かれており、自分のレベルや人数によって使い分けが可能です。

ソロ・グループ・家族、どんな人でも楽しめる平原エリア

新平ヶ原公園 平原エリア
新平ヶ原公園 平原エリア

平原エリアのイメージは、運動場といった感じでしょうか。

邪魔な木や草がほとんど生えておらず、地形も平面なので自分の好きな場所に好きな配置で設営することが出来ます

綺麗に地面が整備されており、どこで張っても凹凸が無いので、テントを張り慣れていない初心者には特にオススメのエリアです。

面積の広さを活かして、家族、グループでのキャンプにも向いているエリアで、イベントのグルキャンもこのエリアで行われます。

天然のタープやハンモックを楽しめる林間エリア

新平ヶ原公園 林間エリア
新平ヶ原公園 林間エリア

木々に囲まれた林間エリアは、木の葉を天然のタープとして活用することが可能です。

真夏の暑い時期に、日光という天敵を設営前からシャットアウト出来るので、スペースが空いていれば是非設営をおすすめしたいエリアです。

更に、キャンパー目線で見ると、林間エリアの樹木管理は「秀逸」の一言に集約されます。

ロープワークを駆使してタープを張るのにも絶妙な位置関係で木は伐採されています。

ハンモックの設営もでき、同時に7張りくらいのハンモッカーが集結・設営することが可能です。

木の間隔は正に「ちょうど良い」という言葉がベストマッチで、ハンモックの事を考えて伐採されたように見えるほど。

島地川で子供と一緒に遊ぶ

新平ヶ原公園 島地川
新平ヶ原公園 島地川
新平ヶ原公園 ロックバランシング
新平ヶ原公園 ロックバランシング

新平ヶ原公園のテントサイトのすぐ真下に川が流れており、夏場は大勢の家族連れで賑わっています。

流れも緩やかで、お子さんと一緒に川遊びをするのにも最適です。

ロックバランシングで遊んだ痕跡もあるので、大人も空き時間に足を運んではいかがでしょうか。

春には桜の木の下でお花見をしながら

新平ヶ原公園 桜
新平ヶ原公園 桜

時期が春に限られてしまいますが、テントサイト周辺に生えている木の大半が桜の木です。

春には満開の桜を見ながらキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただ、有名キャンプ場なので仕方ないことではありますが、お花見キャンプ目的の利用者は特に多いです。

時間に余裕をもって到着し、場所の確保に努めましょう。

トイレや周辺環境は無料とは思えない質の高い管理状況

新平ヶ原公園 トイレ
新平ヶ原公園 トイレ

無料キャンプ場は管理がずさんな所も多い中で、新平ヶ原公園は人の手が徹底的に入っており、常に整備された状態が保たれています。

2015年頃に全面改装された男女別のトイレに加えて、多目的トイレも併設されています。

徹底した管理のおかげで、綺麗な状態が維持されており、どんな方でも快適に利用する事が可能です。

トイレの清掃、雑草除去など手入れされている様子を何度も見かけた事があります。

トイレまでの道のりは険しい

管理の徹底ぶりに頭が下がるものの、懸念点もあります。

それは、テントサイトからトイレまでの距離が遠く、階段の昇り降りが必要なことです。

トイレの位置のみキャンプサイトから離れているので、平原エリア・林間エリア共に、段数だけで約60段ほどの昇り降りが発生します。

それに加えて、設営位置によっては移動距離もプラスされるので、トイレに行くだけで、最大で約120mの移動+階段の昇り降り約60段となかなかにハードな運動となってしまいます。

設営場所はトイレの位置を把握した上で、検討することをオススメします。

水の利用については一部注意が必要

新平ヶ原公園 水道
新平ヶ原公園 水道

キャンプ場内に水道がありますが、水質検査はしていないので、公園や川の水を飲用する場合は煮沸が必要です。

また冬は凍結防止のため、トイレ、水道の水が流れません

トイレが使えないというだけで、キャンプの難易度は跳ね上がりますし、「トイレが使えないなら利用したくない」という人も多くいます。

冬時期に新平ヶ原公園でキャンプをする場合は、排泄物の処理をする道具を準備した上で利用しましょう。

凍結防止の時期については、ページ下のホームページへのリンクから確認をお願いします。

優良キャンプ場だからこその弊害も

新平ヶ原公園 林間エリア2
新平ヶ原公園 林間エリア2
  • 予約不要
  • 有料キャンプ場に匹敵する整備状況
  • 昨今のキャンプブーム

この3つが重なる事で、デメリットとなってしまっていることがあります。

それは「せっかく楽しみにして訪れたのに、設営する場所が無い!」といった事態に陥ってしまうことです。

夏休みやGWなどのキャンプハイシーズンと呼ばれる時期には、まさに隙間が無いほどのテントで埋め尽くされます

このキャンプ場を30回以上利用したことのある筆者自身も「今日は無理そうだな…」と諦めて帰ることが何度もありました。

キャンプハイシーズンに利用したいと考える方は、諦めて帰る可能性があることを考慮して訪れるか、別のキャンプ場も候補地として検討の上、訪れることを強く推奨します。

特に家族キャンプであれば、急な予定変更はかなりの労力を使います。

利用する区画が明確になっている「有料キャンプ場」も選択肢に入れてみて下さい。

マナーの悪さも県内トップレベル

人気のキャンプ場であるぶん、多くのキャンパーが利用し、その一部にはマナーの悪い利用者もいます

県内トップレベルの人気キャンプ場ではありますが、ゴミの放置や直火の痕も多く見られ、マナーの悪さも県内トップレベルです

有志によって清掃のボランティア活動が行われるほどで、大変ありがたいですが、誰もがマナー良く利用していれば不要な活動です。

キャンプ場で「たき逃げ」横行 罰金科せられるケースも | 中国新聞デジタル

新平ヶ原公園のキャンプ場のルールは特筆するほど特殊なものはなく、「ゴミは持ち帰り」「夜は静かにする」「直火をしない」など一般的なキャンプ場と同様です。

「あまりキャンプ場のルールを知らない」という人に向けて、このような記事もあるので、参考にどうぞ。

キャンプ場までの道がわかりにくい

新平ヶ原公園 入口
新平ヶ原公園 入口

最後に1つ、キャンプ場に来る前に気を付けて欲しい事があります。

それは、キャンプ場までの道のりが多く、とにかく分かりにくいことです。

キャンプ場への道は4通りある上、どのルートにも入口の案内表示がありません

道幅の広いルートを使えば、さほど苦もなくたどり着けますが、道幅の狭い道に入ってしまった場合、その道を何キロメートルも走るハメになります

この狭い道は対向車が来てしまったら100メートル以上バックしないといけない事もあるので、このキャンプ場へ来る際は道順を間違えない様に注意してください。

方向にもよりますが、県道9号を鹿野方面から入るルートがオススメです。

ライターより

筆者一押しのエリアは林間エリアで、紹介した通り、木を使ったロープワークが自然との一体感を増してくれます。

初心者の方も平原エリアに逃げられるという安心感を担保しつつ、ステップアップに挑戦する事ができるので、平原エリアでの設営に慣れてきたら林間エリアに設営してみてはいかがでしょうか。

利用しているだけでは気付きにくい事ですが、山奥の無料キャンプ場でこの快適な状態が保たれているというのは凄い事です。

このキャンプ場に限らずですが、利用する際はマナーを守り、来た時よりも綺麗な状態で帰るくらいのつもりで、楽しいキャンプを過ごしていただければと思います。

また家族の利用者も多いので、子供にもお手本となるキャンプを、家族で利用する方は子供が車やロープに当たらないよう気を付けてキャンプの時間を楽しみましょう。

新平ヶ原公園キャンプ場データ

キャンプ場タイプ平原キャンプ場 林間キャンプ場
キャンプサイトフリーサイト(乗り入れ可)
予約不要
料金無料
休日なし
営業期間通年
トイレ男女別 身障者用有り
水道あり(要煮沸)
かまど6基
ハンモック7か所程度

アクセス

住所周南市大字巣山
電話番号0834-22-8372(山口県周南市 観光交流課

関連コンテンツ