新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

下関市 深坂自然の森

今回は下関市にある深坂(みさか)自然の森キャンプ場を紹介します。

本題の前に伝えたいのですが、公式ホームページが完全に情報量不足です。

本文でも紹介しますが、この深坂自然の森のキャンプ場は格安とも言える利用料金という事もあり、かなり小規模なキャンプ場だと思っていました。

ですが、実際にキャンプ場に着くと予想をはるかに上回る素晴らしいキャンプ場で、良い意味で完全に予想を裏切られました。

深坂自然の森の良い所をざっくり紹介すると以下のようなキャンプ場です。

  • 山の雰囲気がしっかりと残った広大な林間サイト
  • 整備環境が整っており安心して使える
  • 利用料金が安く、コストパフォーマンスに優れる

公式ホームページの代わりとはいきませんが、このページからも深坂自然の森の良さを発信していくつもりで紹介していきます。

目次

広大な土地を活かした区画の多さ

深坂自然の森 キャンプ場内案内図
深坂自然の森 キャンプ場内案内図

深坂自然の森キャンプ場は敷地面積がとても広く、テントサイトの数は80サイトあります。

80サイトもあれば、色々なサイトがあり一部を紹介すると以下のようなサイトがあります。

  • 木々に覆われ、ハンモックやタープを設営しやすいサイト
  • 雨天時の地面の汚れ、傾斜を気にしなくて良いウッドデッキサイト
  • 小川の側で川のせせらぎ音をゆったり楽しめるサイト

この様に多様なテントサイトがあるので、何度訪れても新鮮な気持ちで楽しめるキャンプ場です。

サイトが多いとハイシーズンでも競争率が下がる点もうれしいポイントです。

サイトの多さに見合った炊事棟

深坂自然の森 炊事棟

深坂自然の森はとても広いキャンプ場ですが炊事棟が3箇所にあり、「サイトから炊事棟まで遠いな…」という事にもなりません。

炊事場に設置してある水道は12台、かまどは24台で、1つ1つの炊事場が大きいので、利用者が多い場合にも混み合う事もなさそうです。

スポンジや食器用洗剤が設置してあった点も個人的にポイントが高かったです!

また炊事場とは別に小さな立水栓が各所に点在しており、「少しだけ水を使いたい」という場合にはこちらで済ませる可能です。

立水栓については案内図に記載されていないので、自分のテントサイトを確認する際に一緒に確認しておく事をおすすめします。

コンパクトなテントサイトはソロ向けのサイズ感

テントサイトの大きさは全てのサイトで共通しており、1区画は約3m×3mとなります。

やはり小さなサイトになるので、1サイトならソロ向けのサイズです。

自分の体感になりますが、以下のように使うのが良いと思います。

  • ソロキャンプで宿泊…1サイト
  • 家族でデイキャンプ…1サイト
  • 家族で宿泊…2サイト

人数にもよりますが、家族で宿泊するなら、テント用と調理食事用とで2サイトは借りないと足りません。

調理場用にかまどとテーブルがある区画(テントの設営は不可)もあるので、こちらを利用するのも選択肢の一つです。

またキャンプ場の広さと、テントサイトのコンパクトさが合わさって、サイト探しに苦労する一面もあります

受付でキャンプ場の案内図を渡されるので、案内図を確認しながら自分のサイトを探しましょう。

また区画毎に番号が振られていますが、一部の表示看板は破損・折損しており、区画番号が確認出来ないサイトもありました

案内図を車に忘れた自分はサイトが見つけられず、車への往復が1回増えました。

車の横付けは不可

テントサイトの小ささに加えて、車は横付け出来ません

キャンプ場内の中央付近の駐車エリアに一時的に乗り入れする事は可能ですが、キャンプ場自体が広いので、サイトの場所によっては持ち運びする距離も延びます。

テントサイトがコンパクトなので、道具も必然的に小さくはなりますが、持ち運びの面でもコンパクトな装備をおすすめします。

林間キャンプ場という場所柄、サイトまで足元が悪い場所もあるので注意して運搬しましょう。

綺麗に整備された環境を提供

深坂自然の森 キャンプサイト
深坂自然の森 キャンプサイト

森の中のキャンプ場という事で枝打ち・除草作業・落ち葉の清掃と挙げた点以外でも、管理する箇所はたくさんありますが、自分が利用中もしっかりと清掃作業が行われていました

トイレは3か所で多少の古さを感じるもののしっかりと清掃が行われており、不満なく使用する事が出来ました。

幸か不幸か、トイレ横のサイトを利用したのですが、利用中にトイレの臭気を感じる事もありませんでした。

灰捨て場があり、ゴミの処理にも一役

深坂自然の森 灰捨て場
深坂自然の森 灰捨て場

深坂自然の森キャンプ場ではゴミの持ち帰りは必要ですが、灰捨て場があるので、灰の処理には困りません

廃捨場は場内の5箇所設置されており、どの灰捨て場も灰が溜まり過ぎている所などもありませんでした。

家や車に灰を持ち込まないでいいのは、キャンパーにもキャンパーの家族にもありがたいポイントです。

薪が捨てられている一面も

利用者側のマナーの問題ですが、灰捨て場に薪が捨てられていたのは、気になった点です。

灰捨て場に薪を捨てるのはマナー違反ですし、消し炭から引火して火災につながる可能性もあります。

使用していない薪は持ち帰りましょう。

利用料金は破格の安さ

深坂自然の森 かまどとテーブルの区画
深坂自然の森 かまどとテーブルの区画

2020年12月現在の深坂自然の森キャンプ場の利用料金は以下です。

  • 大人…150円
  • 中学生以下…70円
  • 未就学児…無料

この安さは誰が見ても県内トップレベルの安さで、もちろん宿泊の料金です。

チェックインが午前10時、チェックアウトが翌日の10時となっており、利用時間の幅も広いので、時間単価で見ると更にに安く見えてきます

デイキャンプも同額なので、宿泊と比べると割高にはなりますが、どちらにせよ十分安いので、森林の中でバーベキューを楽しむのも良いと思います。

レンタルも破格の安さ

利用料金だけでもかなりの安さですが、それに加えて薪やレンタル品も格安なので一部を紹介します。

  • 薪1束(販売)…300円
  • BBQコンロ(レンタル)…520円
  • じゅうのう、火ばさみ(レンタル)…無料
  • ダッチオーブン、野外用食器(レンタル)…無料

一番購入する方が多いであろう薪とレンタル品を一部紹介しただけですが、これだけでもこのキャンプ場がサービス精神に溢れた運営をしているかが分かると思います。

レンタル品を活用すれば、食材さえ持って行けば、キャンプ場で全ての道具が揃います

レンタル品は便利な反面、コスト面で不満を持つ方が多いと思いますが、ここまで安価、無料であればハードルはかなり下がります。

公式サイトにもその他のレンタルできる物は掲載されているので、必要な方はご確認下さい。

深坂自然の森 | 施設料金のご案内

着いてすぐに「また来たい」と思うほどのキャンプ場でした

深坂自然の森 サイト側の小川
深坂自然の森 サイト内の小川

深坂自然の森は「この環境をこの価格で使っていいの?」と何度も疑ってしまうキャンプ場でした。

いくつか悪い点も紹介しましたが、この利用料金と良い点を含めて全体を見れば、悪い点など帳消しに出来るほど素晴らしいキャンプ場です。

そして林間で特徴の異なるたくさんのサイトは、「次はあのサイトを使ってみようかな」とつい考えてしまいます

ですが公式ホームページからは各サイトの特徴までは確認できないので、次回訪れる時のために、何箇所か使いたいサイトの番号をマークしておきましょう。

ちなみに予約は1年前から可能という事でした。

ライターより

電話予約の際に「初めてです」と答えると「テントサイトは3m×3mなので見合ったテントを」など、注意点を細かく教えていただきました。

おそらく電話予約の際の様式があるのだと思いますが、長年利用者の声を聞き続けてきた結果が、こういった反映されているのだと感じ、電話口だけでも好印象でした。

キャンプ場は冬だった事もありソロキャンプやソログルが多かったですが、家族でのデイキャンプの姿もあり、アウトドアチェアや焚き火に興奮するお子さんの姿にアウトドアの魅力を再認識しました。

サイトの数は多いですが、それでもキャンプのハイシーズンである夏場の土日は、予約で埋まる事が多いそうなので、早めの予約をおすすめします。

深坂自然の森キャンプ場データ

キャンプ場タイプ林間キャンプ場
キャンプサイト区画サイト
予約必要
料金有料
休日なし(年末年始除く)
営業期間通年
トイレあり(男女別)
水道あり
シャワーなし
かまどあり
ハンモック

アクセス

住所 山口県下関市 大字蒲生野字深坂
電話番号083-259-8555(深坂自然の森事務所

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
    発売日 : 2019年08月01日
    価格 : ¥12,500
    新品最安値 :
    ¥12,500
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. チェア
  2. タープ
  3. タープ
  4. テント本体
  5. タープ
  6. 寝袋・ベッド・マット
  7. タープ
  8. タープ
  9. タープ
  10. キャリーカート
  11. タープ
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. テント本体
  17. タープ
  18. タープ
  19. ポール
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. テーブル
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. テーブル
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. BBQトング
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. バーベキューコンロ・焚火台
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. フォームスリーピングマット
  2. エアーマット・エアーベッド
  3. 折りたたみ式ベッド
  4. 折りたたみ式ベッド
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. エアーポンプ
  8. エアーポンプ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. 折りたたみ式ベッド
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. エアーポンプ
  14. 寝袋・ベッド・マット
  15. 寝袋・ベッド・マット
  16. 寝袋・ベッド・マット
  17. エアーマット・エアーベッド
  18. エアーマット・エアーベッド
  19. 折りたたみ式ベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット
  1. ポール
  2. 燃料式ランタン
  3. 電気式ランタン
  4. ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 電気式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ハンディライト
  11. 電気式ランタン
  12. 燃料式ランタン
  13. 電気式ランタン
  14. 電気式ランタン
  15. ハンディライト
  16. ヘッドライト
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. ヘッドライト
  20. ヘッドライト

この記事を書いた人

当ホームページのメインライター。
ソロキャンプという言葉ができる前からひたすらにソロキャンプをしています。季節なんて関係ありません。
YouTubeにて自由気ままにキャンプをする動画を配信中。

目次
閉じる