新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

長門市 小田大浜キャンプ場

今回は日本海を見下ろす丘の上で過ごす事のできる無料キャンプ場、小田大浜キャンプ場を紹介します。

小田大浜海水浴場はキャンプ以外にサーフィンの名所でもあり、サーファーの方々でも賑わっています

小田大浜海水浴場 第一駐車場にある「リバーサーフショップ」ではサーフィン関連の商品の販売やレンタルなども可能で、サーフィンとキャンプを楽しむ人にとっては最高のキャンプ場です。

またリバーサーフショップでは初心者向けにサーフィンスクール、SUP体験といったイベントも精力的に行っている様です。

詳細についてはリバーサーフショップ公式ホームページを確認ください。

山口県長門市大浜海岸「リバーサーフショップ」

少し脱線しましたが、ビーチを見下ろしながらのキャンプは

  • 昼間はサーファーの方々が波乗りを楽しんでいる光景
  • 夕方は水平線に沈む夕日
  • 夜は満天の星空

と飽きる事のない景色を堪能しながらキャンプの時間を過ごす事ができます。

目次

サイトは小田大浜海水浴場 第二駐車場

織田大浜キャンプ場 サイト
織田大浜キャンプ場 サイト

小田大浜海水浴場の第二駐車場が小田大浜キャンプ場のキャンプサイトです。

無料のキャンプ場ですが、夏の海水浴シーズンは駐車料金が必要です。

入口の分かり難さに注意

第二駐車場及びキャンプ場の入口は狭いため、初めて行く場合は見逃してしまう可能性が高いです。

そこでまずは一度、小田大浜海水浴場の「第一駐車場」へ行くことをオススメします。

第一駐車場は駐車場の間口が広く入りやすいので、「小田大浜海水浴場」を目指して行けば迷う事はありません。

第一駐車場に到着して周囲を確認すれば第二駐車場(サイト)もすぐに分かります。

第一駐車場から第二駐車場へは車で移動できないので、第二駐車場を確認した後に車で公道に戻りましょう。

地面は少々硬め

キャンプサイトは草地及び砂地のフリーサイトで全てのエリアで車の乗り入れが可能です。

しかし駐車場としても使われるため地面は車で踏み固められており、サイト全体的に地面は硬めです。

付属のピンペグ(アルミ製)やプラスチックのペグでは設営の際に変形しますし、そもそも土の中に入りにくいです。

鋳造、スチール、ジュラルミンのペグを準備し、ハンマーも所持していきましょう。

充実した設備に加えて管理が行き届いており至れり尽くせりな環境

小田大浜キャンプ場 炊事場
小田大浜キャンプ場 炊事場

小田大浜キャンプ場で使用可能な設備は、下記の通りです。

  • 男女別トイレ(照明自動点灯、別途多目的トイレ有り)
  • 流し台+水道(7箇所)
  • 温水シャワー
  • 足洗い場
  • 釜戸(6箇所)

全ての設備が綺麗に管理されており、筆者が利用している中で全く不満がありませんでした。

ここまで綺麗に管理されているキャンプ場は有料を含めてもなかなかお目にかかれないレベルなので、女性やお子様連れの方にも自信を持ってオススメ出来ます。

飲料水メーカーの自動販売機有り

リバーサーフショップの前に清涼飲料水の自動販売機が設置されています。

トイレや炊事場も近くにある為、何かのついでに水を買ったり、朝にはコーヒーなど気軽に温かい、冷たい飲み物が手に入ります。

地味な事ですが、無料キャンプ場で自動販売機が利用出来るのは本当にありがたい事です。

無限に焚き火用の薪が入手可能

小田大浜キャンプ場 流木
小田大浜キャンプ場 流木

ビーチが目の前にある利点のひとつですが、焚き火に適した流木が大量に流れ着いています。

雨の翌日でなければ、ビーチへ降りるだけでしっかりと乾いた薪(木)が集まるのは、焚き火好きにはたまらない利点です。

ビーチへ降りるルートは複数ありますが、急斜面になっている箇所もありますので十分気を付けて行き来して下さい。

次で紹介しますが、風が強い中での焚き火は危険な面も沢山あります。理解した上で、注意して焚き火を楽しんで下さい。

風がとてつもなく強い

小田大浜キャンプ場 海岸
小田大浜キャンプ場 海岸

小田大浜海水浴場はサーファーに人気のスポットだけあり、波を運ぶ風も強いのがこのキャンプ場で一番気を付けるべき点です

ハンモックやタープ泊が大好きで、テント泊の頻度は控えめの自分ですら迷う事なくテント泊を選択するレベルです。

強風の中でのキャンプは難易度がグッと上がります。

初心者の方でこちらのキャンプ場を訪れた際に、あまりにも風が強いと感じた場合、このキャンプ場は諦めるという選択肢も頭に入れた上で訪れていただければと思います。

一晩で車が塩まみれ

仕方のない事ですが、強風に煽られて潮が駐車場までやってきます

車好きの方は愛車が潮の影響で汚れ、錆びるなど言語道断ですが、逆にキャンプは好きだけど車には無頓着という人も要注意です。

キャンプに何度も行っている人ほど、車は木の枝や飛び石によって細かい傷などがついていると思いますが、そういった塗装の剥がれた部分から錆びは進行します。

気付いた時には、錆が大きくなっていた…となっては車好きでなくともショックは大きいので、撤収とセットで洗車場に寄る事をお勧めします。

最高の景色とキャンプの時間を

何故これで無料なのか?と思うほど充実した施設で、綺麗な状態を維持されている優良キャンプ場のひとつです。

ですが初心者でこちらのキャンプ場を訪れる際は、強風の中での設営・対策をする覚悟及び準備の上で訪れて下さい。

強風さえ対策出来れば、初心者の方や家族連れにも満足してもらえる最高のキャンプ場です。

リバーサーフショップも未経験者に優しそうなので、アクティビティの一つとして利用してみてはいかがでしょうか。

ライターより

このキャンプ場を利用していた際に、隣に設営していた4人グループが強風の中の設営に苦労していました。

声をかけてお手伝いさせていただいたのですが、ハンマーが無かったり、ペグはテント付属のピンペグだったりと道具の不足点も心配になりました。

別の方ともお話しする機会があったので聞いてみると、このキャンプ場は普段から風が強い事が多いそうです。

初心者にとって強風は大きな不安材料ですので、困っている人がいれば経験者の方はひとつ手を差し伸べてもらえれば、こちらのキャンプ場を利用した全員が満足のいく時間を過ごせるのではないかと思います。

小田大浜キャンプ場データ

キャンプ場タイプ平原キャンプ場 海岸キャンプ場
キャンプサイトフリーサイト(乗り入れ可)
予約不要
料金無料
休日なし
営業期間通年
トイレあり
水道あり
シャワー温水
かまどあり
ハンモック不可
ペット

アクセス

住所山口県長門市油谷川尻
電話番号0837-34-1363(リバーサーフショップ

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
    発売日 : 2019年08月01日
    価格 : ¥12,500
    新品最安値 :
    ¥12,500
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. チェア
  2. タープ
  3. タープ
  4. テント本体
  5. タープ
  6. 寝袋・ベッド・マット
  7. タープ
  8. タープ
  9. タープ
  10. キャリーカート
  11. タープ
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. テント本体
  17. タープ
  18. タープ
  19. ポール
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. テーブル
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. テーブル
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. BBQトング
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. バーベキューコンロ・焚火台
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. フォームスリーピングマット
  2. エアーマット・エアーベッド
  3. 折りたたみ式ベッド
  4. 折りたたみ式ベッド
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. エアーポンプ
  8. エアーポンプ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. 折りたたみ式ベッド
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. エアーポンプ
  14. 寝袋・ベッド・マット
  15. 寝袋・ベッド・マット
  16. 寝袋・ベッド・マット
  17. エアーマット・エアーベッド
  18. エアーマット・エアーベッド
  19. 折りたたみ式ベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット
  1. ポール
  2. 燃料式ランタン
  3. 電気式ランタン
  4. ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 電気式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ハンディライト
  11. 電気式ランタン
  12. 燃料式ランタン
  13. 電気式ランタン
  14. 電気式ランタン
  15. ハンディライト
  16. ヘッドライト
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. ヘッドライト
  20. ヘッドライト

この記事を書いた人

当ホームページのメインライター。
ソロキャンプという言葉ができる前からひたすらにソロキャンプをしています。季節なんて関係ありません。
YouTubeにて自由気ままにキャンプをする動画を配信中。

目次
閉じる