新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

萩市 萩阿武川温泉公園

萩阿武川温泉公園キャンプ場は名前の通り、阿武川温泉(正式名称:萩阿武川温泉ふれあい会館)が隣接するキャンプ場です。

デイキャンプは無料ですが、宿泊は有料となっており、手続きはこの阿武川温泉ふれあい会館で行います

有料キャンプ場ですが予約は不要なので、宿泊でも「当日にフラッと」という使い方も可能です。

小さなキャンプ場ですが、小さいという事をデメリットと捉えず運営している山口県の人気キャンプ場のひとつです。

この記事ではそんな阿武川温泉公園の人気の理由を紹介していきたいと思います。

小さなキャンプ場をしっかり管理

阿武川温泉公園 全景1
阿武川温泉公園 全景1

最初に紹介した通り、阿武川温泉公園は大きなキャンプ場ではありません。

むしろどちらかというと小さなキャンプ場の部類です。

サイトは小さいですが、管理面では小さいという事もメリットで、隅々まで清掃管理されており、綺麗なキャンプ場となっています。

設備は全体的に新しくはありませんが、どれも綺麗に清掃されており、不快に感じる点は全くありません。

水道にトイレなど水回りもバッチリ清掃

阿武川温泉公園 水道
阿武川温泉公園 水道

水道は2か所と、大物を洗える立水栓が1つです。

人気のキャンプ場なので、土日やハイシーズンの撤収時は特に混雑すると思いますが、譲り合いの精神で利用しましょう。

トイレはサイト内に一つとサイト外に一つ。

サイト内のトイレは小さく古いですが、もちろん綺麗です。

サイト外のトイレは平成5年に造られており、綺麗な事はもちろん、身障者用のトイレも設置されています。

小さなキャンプサイトなので、サイト外とはいえ近いです。

車の乗り入れは不可能ながら、駐車場からサイトまでゼロ距離

阿武川温泉公園 駐車場
阿武川温泉公園 駐車場

サイトが小さいメリットは、利用者であるこちらにもあります。

車の乗り入れは不可能なこの阿武川温泉公園ですが、駐車場からすぐそばにサイトがあり、運搬が容易です。

サイトが小さいので、駐車場から遠い場所に設営するとなっても、高が知れている距離です。

キャリーワゴンがあるに越した事はありませんが、手持ちの運搬となっても負担はありません

フラットで使いやすいサイト

サイト全体としては芝のフラットなサイトで、どこを選んでも設営には大きな影響はありません。

初心者のギアでも簡単に設営できるので、安心して利用できます。

春にはお花見キャンプ

萩阿武川温泉公園 桜1
萩阿武川温泉公園 桜1
萩阿武川温泉公園 桜2
萩阿武川温泉公園 桜2

サイトのうち2割くらいのエリアに桜の木があり、春にはお花見をしながらキャンプもできます。

木の間隔も程よく、林間キャンプ場というほど木は密集もしていませんが、木の近くに設営する場合は土に隠れた根に注意しましょう。

桜はデリケートな木です。ロープやペグで傷をつけないよう、扱いには注意しましょう。

バンガローがあるものの、老朽化を感じる

萩阿武川温泉公園 バンガロー
萩阿武川温泉公園 バンガロー

バンガローは利用していないので、外観とホームページからの情報となります。

萩阿武川温泉公園にはバンガローで宿泊も可能です。

解放的なベランダから阿武川を眺められるバンガローとなっています。

ただ外観ではあまり綺麗には見えませんでした。

ベランダのテーブルと椅子は寂れた遊園地の屋外の飲食コーナーに置いてあるプラスチックの物。

外には何故か物干し竿が置いてありました。

キャンプ場の横を流れる阿武川で川遊び

阿武川温泉公園 阿武川
阿武川温泉公園 阿武川

キャンプ場の横には阿武川が流れており、普段はとても穏やかな流れです。

阿武川からキャンプ場までの距離も階段でしっかりと保たれており、急な増水があったとしてもキャンプ場まで川の水が溢れるという事はほぼありません

また川岸は浅いので、夏シーズンは川遊びをする子供の姿もあります

川遊びをする上で注意してほしい点としては、川岸から約7メートルほど奥に行くと水深が深くなります

「浅くて穏やかな川だから」といって目を離す事は絶対に止めましょう。

また阿武川の上流には阿武川ダムがあります。

タイミングによって放水する事もあるので、その際は川遊びは中止してください。

農産物の直売所で薪や食料の調達も可能

阿武川温泉公園 直売所店内
阿武川温泉公園 直売所店内

サイトと温泉の間には地元で取れた野菜の直売所があります。

地元で取れたお米や、小さなお肉のコーナーもあり、地元の食材を使った料理もキャンプを楽しむ一つとしてアリだと思います。

薪は「大・中・小」の3サイズから販売されており、ギアの大きさや、焚き付け、火力調整などに利用しやすく加工してある点も利用者目線でとても良かったです。

予約をすれば手ぶらでバーベキューも可能で、道具から食材まで全て用意してくれます。

キャンプ場も温泉もハイコストパフォーマンス

阿武川温泉公園 阿武川温泉
阿武川温泉公園 阿武川温泉

阿武川温泉公園の利用は2020年10月現在、大人310円、子供150円で宿泊する事ができます。

冒頭でも書きましたが、デイキャンプでの利用は無料です。

温泉も410円という低価格で入れるので、温泉込みでも千円以下とコストパフォーマンスが良いです。

阿武川温泉は天然温泉となっており、少し温めの温泉はずっと入っていたくなります。

時間を忘れてしまいそうですが、温泉の浴室には時計が設置されているので、カップルや家族での時間合わせも可能です。

必要なものがコンパクトにまとまったキャンプ場です!

阿武川温泉公園 全景2

このキャンプ場のデメリットはやはりサイト全体の小ささでしょう。

人気のキャンプ場なので、タイミングによっては他の利用者とのプライベートスペースの確保はやはり難しいポイントとなります。

人気の秘訣は徹底された管理と清掃

管理、清掃と言ってしまえば簡単な事ですが、気持ちよくキャンプをする上で欠かす事のできないポイントです。

この管理、清掃の結果が人気という結果で返っているので、デメリットと捉えずに足を運んでもらえればと思います。

内部の事なので、これは推測ですが、管理する人数に対して綺麗なキャンプ場を保つためのベストな広さなのだと思います。

ライターより

平日ど真ん中という日にも関わらず、キャンプ場利用者の足が途切れる事はありませんでした。

紹介した通り、綺麗なキャンプ場で予約不要のフリーサイトです。

フリーサイトは早い順に埋まるので、最悪の場合、スペースが無く利用できない可能性もあります。

いくつか別の候補を決めて来場する事をオススメします。

キャンプ場データ

キャンプ場タイプ平原キャンプ場
キャンプサイトフリーサイト(乗り入れ不可) ログハウス
予約不要
料金有料(デイキャンプ無料)
休日なし
営業期間通年
トイレあり
水道あり
かまどなし
ハンモック不可

アクセス

住所山口県萩市川上4892-1
電話番号0838-54-2619(阿武川温泉ふれあい会館

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. タープ
  3. テント本体
  4. タープ
  5. タープ
  6. タープ
  7. タープ
  8. タープ
  9. テント本体
  10. タープ
  11. タープ
  12. テント本体
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥13,047
    新品最安値 :
    ¥13,038
  17. タープ
  18. タープ
  19. タープ
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. バーベキューコンロ・焚火台
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. バーベキューコンロ・焚火台
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. バーベキューコンロ・焚火台
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. テーブル
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. 折りたたみ式ベッド
  2. マット・パッド
  3. 寝袋・シュラフ
  4. 寝袋・シュラフ
  5. エアーマット・エアーベッド
  6. 寝袋・シュラフ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. マット・パッド
  9. マット・パッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 折りたたみ式ベッド
  14. ピロー(枕)
  15. マット・パッド
  16. エアーポンプ
  17. ピロー(枕)
  18. マット・パッド
  19. マット・パッド
  20. マット・パッド
  1. 電気式ランタン
  2. ポール
  3. 電気式ランタン
  4. 電気式ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 燃料式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ランタン用アクセサリー
  11. 燃料式ランタン
  12. ランタン用アクセサリー
  13. 電気式ランタン
  14. ヘッドライト
  15. ハンディライト
  16. 燃料式ランタン
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. 電気式ランタン
  20. 電気式ランタン

この記事を書いた人

当ホームページの維持管理、キャンプ地の撮影を担当。時々執筆もします。
ミニマムキャンプをしたいけど、結局ヒヨって荷物が減らせない人。
別サイト、俺のデジモノ手記をメインに活動中。