新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

萩市 阿武川河川公園

阿武川河川公園 キャンプサイト

阿武川河川公園の目玉はなんと言っても圧倒的な敷地面積を誇るという点です。

無料キャンプ場にも関わらず、オートサイトとフリーサイトがあり、おそらく県内の無料キャンプ場でオートサイトとフリーサイトを併設しているのは、この阿武川河川公園だけです。

広大なサイトには様々な特徴があり

  • 整備が行き届いたオートサイトを安心、安全に使う
  • 荒れ果てたオートサイトを自分好みに整備して使う
  • 橋の下という珍しいロケーションを活用した設営を行う
  • 河川敷特有の石がゴツゴツしたエリアで川のせせらぎをBGMとして楽しむ
  • 天然のタープになる木の下で自然を感じつつ快適な時間を過ごす
  • 草が生い茂って荒れ果てたフリーサイトの中で擬似野営体験を楽しむ

という様に挙げればキリがない程、色々な楽しみ方や過ごし方が出来るキャンプ場となっています。

また河川のキャンプ場という事で、水遊びや魚釣りなども可能なキャンプ場です。

阿武川の水はきれいで、オイカワやアユなどのお魚を始め、テナガエビやシジミなども生息しています。川の流れはゆったりで水深も浅いため、安心して遊ぶことができます。また公園内には水深30㎝程度の広い水場もあり、幼児でも水遊びができるようになっています。

出典元:観光スポット|萩市観光協会公式サイト|山口県萩市
目次

広大な敷地面積で広々とキャンプができる

阿武川河川公園 入口
阿武川河川公園 入口

上の写真の舗装された右の道路を直進するとオートサイト。左に降りるとフリーサイトです。

「阿武川河川公園」「キャンプ場」「オートサイト」といった案内表示は一切無いので、初めて来た時は戸惑うかもしれません。

フリーサイトは膨大な敷地面積という事で、他の利用者との距離をとる事が容易です。

落ち着いた静かな時間を過ごしたい方、お子さんが興奮して騒いでしまっても迷惑にならない点からも家族連れ、ソロキャンプなどどんな需要にもマッチ出来るキャンプ場です。

場所によっては整備が行き届いておらず、腰の高さほどの雑草で全くテントが張れない箇所もありますが、橋の下や、大きな木の下でタープいらずの場所もあるので、キャンプ好きにとっては設営場所を選ぶだけでも楽しめます

家族連れで荷物が多くて大変!という方も多いと思いますが、この阿武川河川公園はオートサイト、フリーサイト共にどんな車も乗り入れ可能なので荷物の運搬、設営の疲労も最小限に抑えることが出来ますので、存分に家族サービスが可能です。

水捌けが著しく悪い場所もあるので、設営時は要確認ポイントとして覚えておきましょう。

オートサイトは5区画

公園内の管理棟奥にかけて車横付け可能なオートサイトがあります。

トイレとの距離も近く、それに加えて河川敷の1段上にある為、増水時の安全性を考えると家族連れの方におすすめしたいサイトです。

オートサイトは5区画程度なので、設営前に区画を全て確認し、使いやすいサイトを選ぶ事をおすすめします。

フリーサイトは広々と自由に使える

阿武川河川公園 フリーサイト
阿武川河川公園 フリーサイト

小郷橋のたもとから河川敷へ降りていくと、広大なフリーサイトがあります。

500メートル以上にわたる河川敷全てがサイトとなるので、「来たは良いけど人が多過ぎてテントを張る場所が無い…」いう事になりません。

フリーサイトは河川敷特有のゴツゴツした石のエリアや、砂地のエリア、草地のエリアなど様々です。

阿武川河川公園の注意点

阿武川河川公園 管理棟とトイレ
阿武川河川公園 管理棟とトイレ

水道の利用は不可

トイレの横に立水栓がありますが、カギを使用して初めて利用出来るタイプの立水栓なので、実質利用不可能です。
(おそらく公園の整備用に使う水道なのでしょう)

トイレの手洗い場は使用出来ますが、調理に利用する水は別途用意する必要があります。

家族連れであれば大量の水が必要となるので、特に注意してください

飲料水メーカーの自動販売機有り

水道の代わりと言えませんが、無料キャンプ場としては珍しく自動販売機が設置されています

「ジュースや飲料水が足りない!」という時も車を出すまでもなく、気軽に購入出来るのはありがたい点です。

自動販売機は管理棟、トイレの近くにあるので、キャンプ場利用の際は、確認事項の一つとしてチェックしておくと良いかと思います。

綺麗なエリアはあるものの、全体的に管理不十分

阿武川河川公園 除草作業中
阿武川河川公園 除草作業中

無料キャンプ場で更に敷地面積が広いので仕方がない事なのですが、施設全体として管理不十分な感は否めません。

トイレも決して綺麗とは言い難いですし、オートサイト、フリーサイト共に草に覆われている区画が多い印象です。

ですが、トイレは最低限使えるレベルは保たれていますし、多目的トイレも併設されているので、ある程度覚悟してきていただければ、家族連れ・女性の方でも問題なく利用できます。

サイトが草に覆われている点についても、敷地面積が広いので草刈りが追いつかないのはある程度は仕方のない事ではないでしょうか。

綺麗な区画もありますし、荒れ果てたサイトを自分好みに整備して利用するといった一風変わった楽しみも出来るキャンプ場だと思えば、デメリットというほど悪くもないと思います。

草払いの出来る道具を持って行くと設営時の助けになります。

「何度でも足を運びたい」そんなキャンプ場です。

阿武川河川公園 釣りを楽しむ
阿武川河川公園 釣りを楽しむ

1つのキャンプ場で色々な楽しみ方ができるのは、広大なキャンプ場であるからこそのメリットです。

ムラのある管理は一般的にはデメリットではありますが、野営のように「自然の場所を自分好みにアレンジしたい」という上級者の需要にも応えています。

初心者からの上級者まで使えるので、ステップアップとして使っても失敗のしにくいキャンプ場です。

本文では紹介しませんでしたが、阿武川温泉も近いので、キャンプ場の帰り道などで是非利用してみてください。

ライターより

今回のキャンプは小雨の降る中でしたが、そんな状況にも関わらず、家族連れ1組、ご夫婦1組、カップル1組、ソロキャンプの自分1人と、様々な層が、思い思いのスタイルでキャンプを楽しんでいました。

ライターがこのキャンプ場を利用していた時は、2~3人の方が代わる代わる釣りをしていたので、釣りも楽しみの一つとして訪れてみてはいかがでしょうか。

撮影時には3人で除草作業をしており、敷地面積に対してあまりの人数の少なさに驚きました。気さくな方だったので、もし見かける事があれば労いの言葉をかけていいただければと思います。

阿武川河川公園キャンプ場データ

キャンプ場タイプ平原キャンプ場
キャンプサイトフリーサイト(乗り入れ可) オートサイト
予約不要
料金無料
休日なし
営業期間通年
トイレあり
水道なし
シャワーなし
かまどなし
ハンモック不可
ペット表記なし

アクセス

住所山口県萩市川上875-2
電話番号0838-54-2121 (川上総合事務所

ホームページの情報は見つかりませんでした。

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
    発売日 : 2019年08月01日
    価格 : ¥12,500
    新品最安値 :
    ¥12,500
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. チェア
  2. タープ
  3. タープ
  4. テント本体
  5. タープ
  6. 寝袋・ベッド・マット
  7. タープ
  8. タープ
  9. タープ
  10. キャリーカート
  11. タープ
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. テント本体
  17. タープ
  18. タープ
  19. ポール
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. テーブル
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. テーブル
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. BBQトング
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. バーベキューコンロ・焚火台
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. フォームスリーピングマット
  2. エアーマット・エアーベッド
  3. 折りたたみ式ベッド
  4. 折りたたみ式ベッド
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. エアーポンプ
  8. エアーポンプ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. 折りたたみ式ベッド
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. エアーポンプ
  14. 寝袋・ベッド・マット
  15. 寝袋・ベッド・マット
  16. 寝袋・ベッド・マット
  17. エアーマット・エアーベッド
  18. エアーマット・エアーベッド
  19. 折りたたみ式ベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット
  1. ポール
  2. 燃料式ランタン
  3. 電気式ランタン
  4. ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 電気式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ハンディライト
  11. 電気式ランタン
  12. 燃料式ランタン
  13. 電気式ランタン
  14. 電気式ランタン
  15. ハンディライト
  16. ヘッドライト
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. ヘッドライト
  20. ヘッドライト

この記事を書いた人

当ホームページのメインライター。
ソロキャンプという言葉ができる前からひたすらにソロキャンプをしています。季節なんて関係ありません。
YouTubeにて自由気ままにキャンプをする動画を配信中。

目次
閉じる