新型コロナウイルスにより 情報が異なる場合があります。利用の前に公式ホームページ等で確認をお願いします。

周南市 長田海浜公園

今回は美しい海と砂浜を目の前にキャンプが出来る長田海浜公園の紹介をしたいと思います。

無料のキャンプ場ですが、キャンプ・バーベキューでの利用の際は、管理している周南市へ事前に届け出が必要です。

届け出の書類は記事下のリンクからどうぞ

長田海浜公園は人工の海浜公園で周南市内では唯一の海水浴場となっており、キャンプ以外でも多くの人が利用します

ライターがこのキャンプ場を利用したのは、秋の休日(土曜日〜日曜日にかけて)でしたが、たくさんの方が公園の利用を目的として訪れていました。

キャンプ以外での利用者が多いと、ソロキャンプでは居心地が悪い人も多いかと思いますが、避けようがないので、この点を理解した上で読んでいただければと思います。

サイトの目の前は綺麗に整備された人工のビーチ

長田海浜公園 看板
長田海浜公園 看板

まず最初に伝えておくべき事として、ビーチでのキャンプは不可能です。

公園にはキャンプ(バーベキュー含む)用の区画が設けられており、地面は芝と土のサイトとなっています。

ビーチでキャンプができない事は残念ではありますが、砂浜では専用のペグが必要なので、扱いやすさの面で言うと初心者用の装備でも設営しやすい芝と土のサイトも悪くはありません。

サイトの目の前がビーチとなっており、白い砂浜と広大な海を眺めながら、キャンプの時間を過ごす事が出来ます。

利用者が多いにも関わらずゴミ等はほとんど見受けることは無く、綺麗に清掃、整備されている所もとても良かったです。

トイレはあまり綺麗ではない

綺麗なキャンプ場なので、トイレの清掃状況も期待してしまいますが、実際に利用すると、「トイレだけ清掃頻度が低いのかな?」と感じてしまいました。

単純に公園の利用者が多いので、利用者が多いぶん汚れる頻度も早くなるとは思います。

それにしても綺麗な環境の中で唯一トイレだけは綺麗ではないので残念でした。

ハンモックがどこでも張れる

長田海浜公園 ハンモックが張りやすい
長田海浜公園 ハンモックが張りやすい

少ない需要かもしれませんが、ハンモック泊の方が20組以上同時に張っても大丈夫なほど、等間隔に木が並んでいます。

また木は天然のタープでもあるので、テント泊の方にも人気のスポットです。

キャンプ場でハンモック泊をする際に、よくあるケースとして「この木と木の間隔はハンモック泊には理想の幅だ!」という場所は先に他の利用者が使っている事があります。

長田海浜公園はどの場所も理想的な木の並び、間隔となっているので、夏のキャンプ利用者が多くなるハイシーズンでもハンモック需要にも応えることが出来る場所となっています。

ライター自身ここまでハンモック泊に適したキャンプ場は見たことがありません。

サイト前を何度も人が通る

長田海浜公園 サイトと遊歩道
長田海浜公園 サイトと遊歩道

キャンプ用区画の前は遊歩道となっています。

長田海浜公園は住宅街の中にあり、周辺の住人の方々が散歩や井戸端会議で利用したり、お子様を遊ばせる目的で朝から夕方まで20人以上が常に公園内にいるという状況でした(平日はここまで賑わってはない様です)

つまり、キャンプをしていると、散歩・ランニングの方や家族連れの方々が何度も何度も目の前を通る事になります。

周囲の目はあまり気にならない自分ですが、流石に何度も何度も目の前を人が往来していると気になりました。

野良の動物も通る

サイトの周辺を通るのは人だけではありません。

長田海浜公園は過去にエサやりをしている人がいた名残で、野良犬や野良ネコが多いのですが、そのエサを狙ってイノシシも目撃されている様です(注意喚起の看板有り)。

自分は幸運にもイノシシには遭遇しませんでしたが、野良猫はたくさん見かけました。食料を外に放置しない他、生ゴミもきちんと管理するなど普段とは別の注意が必要です。

補足ですが、動物へのエサやりは周南市の条例違反となります。

野犬が集まり繁殖することによって、さらに野犬が増えることを防ぐため、周南市では飼い主のいない動物への「むやみなエサやり」を条例で禁止しています。

野犬の現状と取組み – 山口県周南市

無料駐車場があるものの、サイトへの距離は遠め

長田海浜公園はキャンプサイトへの車の乗り入れは出来ません

その代わり無料の駐車場が設備されています。

駐車場からキャンプサイトは近い場所で20m程度、遠い場所だと80mほどとなります。

駐車場からサイトまではそこまで遠くないので我慢して運ぶ事も可能ですが、家族、大人数で宿泊キャンプにきた場合、車から何往復もする事を考えるとなかなかに辛く、設営が終わった段階でヘトヘトになってしまうかもしれません。

宿泊目的の方は特にですが、荷物の断捨離を済ませた上での利用をお勧めします。

家族連れ、子供の遊び場に最適解

長田海浜公園 滑り台
長田海浜公園 滑り台

ビーチと言えば、夏以外は人気が無いのが普通ですが、この長田海浜公園は綺麗に整備されたビーチや利用しやすい無料駐車場を求めて夏以外も多くの人が訪れます。

開放的なビーチなので、お子様を見渡せる範囲も広く、滑り台もあるのでお父さんやお母さんがキャンプの設営をしつつお子様を遊ばせるのにこれ以上の環境はなかなかありません。

そして夏の最盛期には、海の家やシャワー、更衣室などの施設も使用可能になるので、家族連れにとって夏の海を十分に体験できるキャンプ場です。

ハンモックも子供が楽しめるポイントの一つですので、所持している場合は是非利用してみてください。

ライターより

公園内の至る所にゴミの持ち帰りに関する看板の設置、利用に関する注意事項が張り出されており、長年苦労しつつ管理されているの事を感じ取ることが出来ました。

この公園は市が委託している整備の方だけでなく、ボランティアの方々のおかげで綺麗に整備がされている様です(公園内看板に記載)。

キャンプ目的では強くおすすめはできませんが、海水浴の休憩所やバーベキューの場として利用してみてはいかがでしょうか。

長田海浜公園キャンプ場データ

キャンプ場タイプ林間キャンプ場
キャンプサイトフリーサイト(乗り入れ不可)
予約必要
料金無料
休日なし
営業期間通年
トイレあり
水道あり
かまどなし
ハンモック可(20か所程度)

アクセス

住所山口県周南市長田町
電話番号0834-22-8366(周南市水産課

関連コンテンツ

Amazon売れ筋ランキング

  • テント
  • タープ
  • 焚火台
  • 寝具
  • ランタン
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. タープ
  3. テント本体
  4. タープ
  5. タープ
  6. タープ
  7. タープ
  8. タープ
  9. テント本体
  10. タープ
  11. タープ
  12. テント本体
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥13,047
    新品最安値 :
    ¥13,038
  17. タープ
  18. タープ
  19. タープ
  20. タープ
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. バーベキューコンロ・焚火台
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. バーベキューコンロ・焚火台
  5. バーベキューコンロ・焚火台
  6. バーベキューコンロ・焚火台
  7. バーベキューコンロ・焚火台
  8. バーベキューコンロ・焚火台
  9. バーベキューコンロ・焚火台
  10. バーベキューコンロ・焚火台
  11. バーベキューコンロ・焚火台
  12. テーブル
  13. バーベキューコンロ・焚火台
  14. バーベキューコンロ・焚火台
  15. バーベキューコンロ・焚火台
  16. バーベキューコンロ・焚火台
  17. バーベキューコンロ・焚火台
  18. テーブル
  19. バーベキューコンロ・焚火台
  20. バーベキューコンロ・焚火台
  1. 折りたたみ式ベッド
  2. マット・パッド
  3. 寝袋・シュラフ
  4. 寝袋・シュラフ
  5. エアーマット・エアーベッド
  6. 寝袋・シュラフ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. マット・パッド
  9. マット・パッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. エアーマット・エアーベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 折りたたみ式ベッド
  14. ピロー(枕)
  15. マット・パッド
  16. エアーポンプ
  17. ピロー(枕)
  18. マット・パッド
  19. マット・パッド
  20. マット・パッド
  1. 電気式ランタン
  2. ポール
  3. 電気式ランタン
  4. 電気式ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. 電気式ランタン
  7. 燃料式ランタン
  8. 電気式ランタン
  9. ヘッドライト
  10. ランタン用アクセサリー
  11. 燃料式ランタン
  12. ランタン用アクセサリー
  13. 電気式ランタン
  14. ヘッドライト
  15. ハンディライト
  16. 燃料式ランタン
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. 電気式ランタン
  20. 電気式ランタン

この記事を書いた人

当ホームページのメインライター。
ソロキャンプという言葉ができる前からひたすらにソロキャンプをしています。季節なんて関係ありません。
YouTubeにて自由気ままにキャンプをする動画を配信中。